このページの先頭へ

食べる人-生活者-

美食王国もりおかファンクラブ会員から寄せられた応援メッセージをご紹介。
幅広い年齢、さまざまな地域の方からたくさんのメッセージをいただきました。

食に対して真摯に向き合う生産者が多く、新鮮で美味しい物が多いと思います。
これからも世界に選ばれるような盛岡ブランドを作っていってほしいです。
応援したいです。
(盛岡市40代女性)

美味しいものばかり。みんなに自慢できます!!
(盛岡市50代男性)

他の産地との差別化をどう消費者にアピールできるかが
産地として確立されるために重要だと思います。
(盛岡市50代男性)

盛岡の食材は生産者の努力によってとても美味しい食材として認識し機会がある都度利用させていただいています。もちろん私の住んでいる地域にも美味しい食材はたくさんありますが、この度のロゴ決定で更に地元食材の利用促進となり盛岡、しいては県内全体が心豊かになれるよう今後とも利用させていただきます。
(奥州市50代男性)

「岩手なら○○」と全国の人が知る料理がたくさん生まれることを期待しています
(盛岡市70代女性)

近隣の食材とコラボして試食会や頒布会など継続企画して欲しいです。少量で良いので単価を抑えて欲しいです。
(盛岡市50代女性)

魅力に溢れる食材を楽しむこと、伝えることをしていきたいです。
(盛岡市50代男性)

盛岡は美味しいものがたくさんあります。
美味しいものをたくさん食べて健康に過ごしたいと思います。
(盛岡市50代男性)

魅力ある食材がまだまだ沢山存在していると思います。
盛岡食材の魅力発信を楽しみにしております。
(盛岡市30代男性)

盛岡市産業振興課所属、地域おこし協力隊薮川地区担当をしております。今後、薮川の農産物を全国に発信する活動を行っており、ファンクラブ設立をうれしく思っております。お互いに協力しあい、ファンクラブを盛り上げられればと考えておりますので、よろしくお願い致します。
(盛岡市30代男性)

主人が岩手県出身で岩手の食材は実家からも頂いたり帰省時に駅やパーキングなどで購入しています。
今回のファンクラブ発足微力ながら協力させていただきたいと思います。
(宮城県仙台市50代女性)

季節によって移り変わる盛岡の食材は、豊かで、とても滋味深い。仕事の関係で、全国あちらこちらに居住しましたが、何処にも負けない資質を感じます。この企画をきっかけに、生産者消費者とも、意識が高まる事を期待します。
(盛岡市50代男性)

地元の人たち(生産者のかたじゃない一般市民)が、地域の食材をまだまだ知らないのが課題だと思います。もっと自慢していい。お土産に持参したり、お中元やお歳暮に贈ったり。
正月の黒豆は雁喰い豆が当たり前!朝はリンゴとアロニアで健康朝食となるようにしたいです!!
(盛岡市50代女性)

岩手には、美味しい食べ物が沢山あります。美味しい物を食べて皆が幸せな気持ちになることを願っています。
(盛岡市50代女性)

なかなか盛岡のみの食材というのは難しい事かもしれません。
今まで岩手県産を意識していましたが、これからは気をつけてみたいと思います。
(盛岡市50代女性)

向中野のカームなど、アンバサダーのお店の品も食べました!
もっともっと美味しいもりおかを堪能したいです。応援しています。
(盛岡市30代男性)

短角牛に興味があり、是非食べてみたいです。
(北上市50代女性)

盛岡大好きです。
スーパー等で購入する時に真っ先に岩手産を、
さらに表示があれば盛岡産を購入しています。
りんごは盛岡産を購入しています。
このようなサイトに巡り合えて嬉しく思います。
(東京都調布市30代女性)

盛岡は全国トップクラスの豆腐消費量と聞きました。
盛岡の豆腐屋さん(昔はどの町内にもありましたが)に是非復活してほしいと思います。
(盛岡市60代男性)

岩手で生まれ育ち、現在は東京在住です。
東京で岩手のものや盛岡のものを見ると嬉しくなり、つい手にとってしまいます。
地元の良いものが、長く続いていってくれたらと思います。
(東京都東大和市30代女性)

昨年盛岡市のイベントで砂子沢に行き、「アロニア」なるものを知りました。
少し分けて頂き持ち帰ってジュースにしました。「目」に良いそうです。
主人は焼酎の水割りにそのジュースを入れ嗜んでいましたが、無くなりがっかりしていました。
もっと宣伝すれば健康志向の方々に取り入れられるのではないかと思います。また、素人考えで申し訳ありませんが、札幌のハスカップワインのように売り出せないかなと思いす。
盛岡市にはまだまだ、売り出せるものがあると思いますので、頑張ってください。
(盛岡市70代女性)

盛岡には、腕のいい生産者が作る質の高い農畜産物がたくさんあります。また、腕のいいシェフが見た目も美しく舌の記憶に残る美食をふるまってくれます。
みんなで国内外の多くのファンが集まる「美食王国もりおか」を創りましょう!
(盛岡市50代男性)

地産地消と盛岡の取り組みを
沢山の人に知ってもらいたい
(盛岡市40代女性)

盛岡の食材は、はっきり言って憧れです。
今すぐにでも食べに行きたい。 (北海道伊達市40代男性)

生産地がすぐにあり、新鮮で旬の美味しい食材がすぐに手に入れられるので嬉しいです。
(盛岡市40代男性)

地産地消を大切にしたいと思っています。
盛岡の農作物には何があるのか?
生産現場の見学ツアーはどんな所に行くのか?
等の情報が得られるのを楽しみにしています。
(盛岡市60代女性)

盛岡には、ちょくちょく出張でまいります。その度に、物産展、産直などに寄り、食材、食品などのお土産を購入して、家族に大好評です。これからも出張でうかがうことが多い盛岡の食材、食について様々な角度から知り、
おいしいものをいっぱいいただきたいと思います。
(神奈川県横浜市60代男性)

神奈川県より嫁いで10年以上経ちました。
盛岡の土地に慣れるにはその土地の食材に触れる事から始めてみようと思い、初めて見る食材を積極的に手に取り自身で調べて調理したり義母に教えてもらったりしながら、どんどん盛岡に馴染んでいったような気がします。今では当たり前のように岩手、盛岡の郷土料理が食卓に上がっています。
まだまだ知らない盛岡の秘めた可能性を見つけていきたいと思います。
(盛岡市30代女性)

品質が安全、安心である。
生産者が見える。
(盛岡市60代男性)

産直が好きで、よく買い物に行きます。見たこともない野菜や、ナスやトマトでも何種類もあって、見ていて楽しいのですが、食べ方がよくわからないものも多いです。ナスやトマトも品種によって「オススメの食べ方」や、珍しい野菜の食べ方など、公募でも良いと思うので、しつこいくらいに紹介してもらえると、より楽しいと思います。
(盛岡市30代女性)

盛岡には高校までしかいなかったので、食材についてもよく知りません。これを機に詳しくなりたいと思います
(東京都台東区50代男性)

結婚して盛岡に今はいませんが、
農家をしていた祖父の作る米、野菜、果物を食べて大きくなりました。
きれいな水と空気と土で育った盛岡の食材は私の中で1番です。
今は両親が米や野菜を作って送ってくれます。親戚も果物を送ってくれます。
私だけではなく、主人も子ども達も盛岡の食材が大好きです。
(千葉県八千代市40代女性)

これからもっとたくさんの食材が集まることを期待しています。
私は転勤族の妻で、盛岡を離れ11年になります。1年に1度、夏休みには帰省しますが、その度に、盛岡の食材、水、空気を全身に浴びてリフレッシュさせていただいています。
SNSも好きなので、盛岡のことなら何でも紹介していきたいと思っています。
(和歌山県和歌山市40代女性)

大いに期待をしております。地元を再発見し、魅力ある地元にしたい。
(盛岡市60代男性)

盛岡市には大学時代に4年間生活しました。
りんごのおいしさは格別です。
どんどん盛岡市のまわし者として、盛岡の産品を応援していきます!!
(宮城県仙台市40代女性)

改めて見るととっても美味しそう。
(盛岡市50代男性)

都市圏から友達が来ると、盛岡の食のクオリティの高さと
リーズナブルな価格に驚きます。
全国の人に盛岡の「食」の魅力をもっと知ってほしいです。
(盛岡市50代男性)

20歳まで盛岡で育ちました。三ツ割の坂にリンゴがたわわに実る様を見ながらあの坂を登ったのを思い出します。
盛岡アップルシードル?なるものが数年前からお店で飲めると知り、いつか飲んでみたいと思っております。
サイトに載っている食材を拝見いたしましたが初めて力を入れていると知ったものもありましたので、もっともっと知名度が上がっていくようこれからの取り組みに期待しております。応援しておりますので頑張ってください!
(釜石市40代女性)

ほんものの大地の産地
(大阪府枚方市40代男性)

元々盛岡出身で、数年以内に帰郷を検討しています。
自分が飲食店で働いていることもあり、地元の素晴らしい食材、生産者さんの情報を知れる事は大変嬉しく、意義のあることだと思い、活動を知りたく登録しました。
(東京都豊島区30代男性)

単なる一、消費者ですが食に関しては色々拘りが有り自分の好みだけでは無く許される限り美味しいものをこよなく愛し皆様にも広めて行きたいと思ってます。
この様な機会を盛岡市が企画した事、心から応援したいと思います!
(盛岡市40代男性)

美味しいものは他にもあると思うが、知られていない事が多いですね。食べ方や食文化もまたそうだと思います。他見の方におふるまいをすると、とても喜んで頂けます。あとは、地元の人の認識だけです。
(盛岡市50代女性)

先日、知人の紹介で出会ったりんこ農家さんからいただいた盛岡りんごがとっても美味しくてSNSに投稿させていただいたところ、全国の知り合いから送って欲しいという反響を受け、発送させていただきました。特に西日本の方々はこんなにみずみずしくて蜜がたっぷりで美味しいりんごは食べたことがない、とおっしゃっており、なんだか嬉しくなりました。来シーズンには、その農家さんにご協力いただき、もっと多くの全国の方々と繋いでいきたいなと思っております。
(盛岡市20代男性)

他県からの友人が来るたびに、岩手の食材を紹介して、いつも喜ばれています。
この品質を保ちさらに様々な食材を増やしていってほしいです。
(盛岡市50代女性)

子供達に美味しくて安全な食事を食べさせたいです。野菜が苦手な子にも身近な食材を感じ、学びながら食してほしいと思います。
(盛岡市40代女性)

とても楽しい企画です。
盛岡が大好きです。
生産者の方々の声を生で聞きたいです。
(盛岡市60代女性)

まだまだ知らない盛岡食材に出会えるかも!と楽しみです。
津志田芋大好きです。
(盛岡市50代女性)

りんごが美味しい
(盛岡市50代女性)

食にかかわる沢山の情報が欲しいです
(盛岡市70代男性)

色々知らない食材を知りたい
盛岡短角牛を食べてみたい
(盛岡市60代女性)

盛岡は第二の故郷、山の幸、海の幸、出会いの街。
今後も楽しみです。
(八幡平市60代男性)

取り組みがまだ浸透してないと感じますがこれからたくさん消費していきたいと思います。
福田パンと期間限定でコラボしたら買ってみたくなります。
(盛岡市30代女性)

世の中にはまだ見た事もない、味わった事もない、食材が豊富にある。しかし、未知なる食材や味を追求し続けるのではなく、地域の昔ながらの伝統的な食材に目を向ける事が、これからの農業を守り、飛躍させる事になるであろうと、今の歳になり分かりつつある。
(紫波町50代女性)

盛岡に移り住んで3年になりますが、おいしい物が多いです。
(盛岡市40代男性)

アロニアが有名なのは知っていましたが 食べたことがないのでもっと商品化してほしいです
(紫波町20代女性)

岩手は、豊かな自然に恵まれ本当に美味しい物が沢山あると思います。
ただ残念な事に発信する事が控えめなのか情報が伝わらないまま宝の持ち腐れ?!
勿体ないなぁ…と常々感じています。
もっと積極的にいろいろなイベントを開催し地元にも、
そして他県にもアピールし若い世代にも自信と誇りを持って地元食材を盛り上げていって欲しいと思います。
私も料理やお菓子作り、食べるのも作るのも大好きです。
一般の人のアイデアを生かして商品化するような企画も作る人、育てる人、食べる人、それぞれの思いが一つになって創り上げるのも素晴らしいのではないでしょうか。
(盛岡市50代女性)

Copyright © City of Morioka, All Rights Reserved.

MENU